再生核研究所

silentgiantla:

Animated artwork by Rebecca Mock

Fine, detailed and subtle animated artwork created by New York illustrator Rebecca Mock. Apparently the animated gif back to stay, gradually more and more people are exploring this old format and customers asking for shouting. Several of these illustrations were created for the New York Times or The Warlus magazine.

再生核研究所声明832012.4.11)  再生核研究所声明とは 何か

 

(2012.4.5.16:30 研究室において、論文執筆で疲れ 休憩していたときに、ひとりでに閃いたものである。)

再生核研究所声明とは、いわば、人生の大部分を 大学において、数学の研究で送った者が、人生、社会を観、世界の在りようについて、纏めた、意見表明である。 その心は、どうして、人間は未だ野蛮な時代を送っているのか という発想である。人生、世界における認識は、ソクラテス、お釈迦様、孔子様、ゲーテ、アインシュタインを越えていて、声明は人を導き、人生の指針を与えると思われる。 
何故、そう言えるか? まず、人類は未だ、人間存在の意義について、明確な言葉を得ていない。実際、人生とは何か と問われれば、それは分からない と答えるのが、世の常識ではないだろうか。 また、すべての人間にとって、最も大事なこととは何か と問われれば、答えられず、解答を聞いて、多くの人は 始めてぼんやりと理解できるだろう(再生核研究所声明13:第1原理 ― 最も大事なこと)。

ゲーテもアインシュタインも人生について同じような心境に達していたとみられる。彼らは、人生の実相を良く捉えていたが、それらの心境では、生命と人生の在るべき姿に対して 不十分であると考える。実際、人は、両者の境地で、道を、人生を 彼らの指針を得て、確かに歩めるであろうか。実際、人は夢中で活動し、生きれば良いと言っているようにみえる。お釈迦様も、ソクラテスも、孔子様も、多くは いわば、当たり前のことを述べており、如何に生きるべきかについて、多くの部分で不明であり、つまずき、人をして、迷わせている面もあることを認めざるを得ない。多くの仏教徒は何をしてきたのだろうか、多くの哲学者は何をしてきているのだろうか、儒教はどうなっているのかと問う。実際、人は、それらの教えで、確かに生きられるであろうか。実際、近代科学がきり拓いた真実、実相、基本的な世界の理解、認識から、我々は多くを学ばなければならない。

人間存在の意義と有るべき姿の原理は、再生核研究所声明12:
人生における基本定理

・・・ 1995年1月13日朝、目覚めの後、ひとりでに数学のアイディアがうかんだときのように、

「人生の意義は、 ・・・・・・ にある」

という言葉がわいてきた。

「人間としての存在の究極の意味、価値は」

「人類の目指すべき基本的な方向とは」

これらの基本的な問いについて、全体的に、直観として得た解は、

人生の意義は、感動すること にある」

というものである。

「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」というような、人生における真剣な問いについて、これは十分な解答になっていると思われる。 

この見識が、言明が、孔子様を越えていることは、明らかである。社会の問題も 再生核研究所声明 1 美しい社会はどうしたら、できるか、美しい社会とは: で、公正の原則で、社会のあるべき指針は 自明のことであるとした: 平成12年9月21日早朝,公正とは何かについて次のような考えがひらめいて目を覚ました.

1) 法律,規則,慣習,約束に合っているか.

2) 逆の立場に立ってみてそれは受け入れられるか.

3) それはみんなに受け入れられるか. 

4) それは安定的に実現可能か。

ゲーテのファウスト、ファウスト博士が到達した境地、アインシュタインの人生に対する見解:自転車は走り続けなければ倒れてしまうは 同じような人生の実相を示しているが それは 再生核研究所声明 72: 慣性の法則 ― 脈動、乱流は 人世、社会の普遍的な法則 の断片を表現しており、双方の見解は 人生、世界のあるべき姿についての考察を 中断しているようにみえる。また、ゲーテとの対話を読めば、ゲーテが素晴らしい頭脳と感性、知識を有していたにもかかわらず、お釈迦様の知恵の面から観ると 平均的な日本人くらいの知恵しか有していなかったことを知って 愕然とするだろう。西欧の文化必ずしも質、高からず、お釈迦様の世界をもって、秀と考える。

お釈迦様とソクラテスの 生と死、悟りについては、

再生核研究所声明74: 人生・生命の肯定について
再生核研究所声明 68: 生物の本質 ― 生きること、死ぬること
再生核研究所声明 63: 解脱; 神、自由、不死への道 - 安らかに終末を迎える心                           得
再生核研究所声明19: 超越への道、悟りへの道
などで、両者を越えた真実と境地を表現していると考える。

人類は 未だ無明の野蛮な時代にある。世界史の夜明けを迎えるために、暗い時代を終了させ、世界史を進化させたい との願いを込めて、人生、世界、社会、教育など広範な分野にわたって、各論について、意見表明を行っている。 その意気は 知能の高い、進化した未来人が書く、世界史の評価に耐えられるようにとの心にある ―― 再生核研究所声明 41: 世界史、大義、評価、神、最後の審判。

そこで、人生、世界の在りようについての再生核研究所声明を、数学における定理のように 世に広め、活用、学習して頂きたいと考える。 それらは必ず、世界史の進化に 貢献するだろう。 政治や世界平和の問題などは、言うに及ばず、簡単である。世界史は、何を まだ ごたごたしているのか といっている。再生核研究所声明は 人生、世界の在るべき姿ばかりではなく、生命の目標を はっきりと示している。

以 上

  1. balloonkittendoublesidedpensからリブログしました
  2. alla-turcachkltkからリブログしました
  3. sunhelgaelenmeoowからリブログしました
  4. wolv-rynkristowolfからリブログしました
  5. foodiloorebeccamockからリブログして、コメントを追加しました:
    rebeccamock
  6. mineralsgeorgsilentgiantlaからリブログしました
  7. sunflowereveriepapillion-spiritからリブログしました
  8. theyarnherospiritofthekohakuからリブログしました
  9. annyeongoodbyekkaebsongliciousからリブログしました
  10. its-dearpacificdayjigokuusからリブログしました
  11. amperepynrebeccamockからリブログしました
  12. jigokuusstpphieからリブログしました
  13. mookmickcolnchenからリブログしました
  14. antares9000story-djからリブログしました
  15. spiritofthekohakughoulsprenからリブログしました
  16. ghoulsprenavatarstateyipyipからリブログしました
  17. accio-picklesunder-myprotectionからリブログしました
  18. aichocolatsilentgiantlaからリブログしました
  19. ineffablyofftherailsreptilehandからリブログしました
  20. h-arukistpphieからリブログしました
  21. phantasm1313saylemstudiosからリブログして、コメントを追加しました:
    So amazing! \(♥//7//♥)/
  22. primadonna68inchellsからリブログしました
  23. syntaxzakappleからリブログしました
  24. defenestration7crookedpixelsからリブログしました
  25. tomatomeoimo386qからリブログしました
  26. oppositesignalquercusrubraからリブログしました